大人ニキビの原因は肌の乾燥

脂っぽいと大人ニキビになる?

皮膚が脂っぽくなってきますと毛穴に皮脂がつまりやすくなってしまい、結果としてニキビになってしまうということがあります。

思春期にできてしまうニキビの原因も、ホルモンバランスが安定していないことから過剰に分泌してしまうのです。 20歳過ぎればホルモンバランスが安定し、スキンケアがしっかりすることで肌が脂っぽくなることも防ぐことができることから、皮脂が分泌しても毛穴に詰まるケースが少なくなってきます。

しかし大人になりますと様々な原因が重なり、皮脂の分泌量も増え毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。 脂っぽい肌になりやすい原因としては、飲酒や喫煙やストレスが溜まったり寝不足といったことが上げられますが、その他には古い角質が溜まっていることによって毛穴がつまりやすくなってきていますので、洗顔で取り除かないと低下した状態が元に戻らないのです。

古い角質を取り除きますと乾燥した肌に対して反応して皮脂の分泌が増えてきますが、それを抑えるために保湿をしっかり整えることによって脂っぽくなるのも防ぐことができますので、ケアすることが増えてきますが健やかな肌に戻る為に努力してみましょう。

大人ニキビをケアする方法として最もお手軽なのは大人ニキビ用の化粧品を使うことです。 その中でも保湿ケアに優れた大人ニキビ用の化粧品を選ぶのが良いです。 その他のポイントとしては毛穴の汚れをしっかりと落とし、大人ニキビの炎症を抑える成分が配合されているものが良いです。 大人ニキビを治すおすすめ化粧品|注目の人気コスメBest6

大人ニキビの原因は肌の乾燥

年齢が上がると共に肌の状態も変化し、化粧水だけで補うことができた保湿も年々追いつかなくなってきたというケースも出てきます。 肌が乾燥しがちになってしまうことは、外の刺激にも反応しやすいだけではなく広がっている毛穴も硬くなってしまうことから、皮脂を分泌した時につまりやすくなってしまうのです。 毛穴がつまってしまっても皮脂の分泌量が変わらなく、活発に働いていますので次第に膨れ上がり炎症となって出てきてします。 つまり大人ニキビの原因の1つには、肌の乾燥も含まれているのです。

乾燥肌の人も同じような感じでニキビになってしまうことがありますが、体質的に肌が乾燥しがちですとより症状が加速することもありますので、今までのケアだけでは通用しなくなっていることもあります。

乾燥を防ぐには保湿をすることが効果的ですが肌のバリア機能も低下していますので、正常化になるには生活習慣や食生活の見直しもすることも必要です。 肌質が変わってしまいますと、今まで使っていた化粧品の見直しすることで保湿不足も解消しますが、配合されている成分によっては刺激が強く皮膚の角質層を傷めてしまうこともありますので、肌質に合わせたもので整えてみましょう。そのためには肌のバリア機能を正常に整えてくれるような大人ニキビ用の化粧品がおすすめです。

肌に潤いを与えて大人ニキビをケア

大人ニキビの原因の1つになっているのが、お肌の乾燥で季節によっては気温や湿度が影響してくるのではと思いがちですが、エアコンによって湿度が一定に保たれていることや紫外線や外出中に付着した汚れ、洗顔不足によって蓄積された角質層によって肌のバリア機能や代謝が低下して保湿力も下がってゆくのです。

大人ニキビは思春期のニキビの原因と同じように、皮脂の過剰分泌によって起こってしまうこともあります。 しかしホルモンバランスが安定していない10代とは異なり、20代以降はホルモンバランスも含めて、肌の乾燥や角質層の蓄積などいくつかの原因が重なっていてなっていますので、潤いを与えて肌の調子を整えることも必要なのです。

肌に潤いを与えるために化粧水や乳液など付けることも必要ですが、その前に古い角質など汚れを落としてからではないと皮膚の奥にまで成分が浸透することができないです。

またストレスや睡眠不足や食生活の乱れなど生活習慣を見直すことも大切であり、ストレスや食生活によって体内にビタミンが不足しやすくなります。 とくにビタミンCはニキビ予防だけではなく、美肌に導くためには欠かせない栄養素でもありますので、肌の機能を高めるためにも色々と見直すことも考えてみましょう。

更新履歴