皮脂が多いと大人ニキビになる?

皮脂が多いと大人ニキビの原因となる?

皮膚が脂っぽくなってきますと毛穴に皮脂がつまりやすくなってしまい、結果としてニキビになってしまうということがあります。
思春期にできてしまうニキビの原因も、ホルモンバランスが安定していないことから過剰に分泌してしまうのです。
20歳過ぎればホルモンバランスが安定し、スキンケアがしっかりすることで肌が脂っぽくなることも防ぐことができることから、皮脂が分泌しても毛穴に詰まるケースが少なくなってきます。
しかし大人になりますと様々な原因が重なり、皮脂の分泌量も増え毛穴に詰まりやすくなってしまうのです。
脂っぽい肌になりやすい原因としては、飲酒や喫煙やストレスが溜まったり寝不足といったことが上げられますが、その他には古い角質が溜まっていることによって毛穴がつまりやすくなってきていますので、洗顔で取り除かないと低下した状態が元に戻らないのです。
古い角質を取り除きますと乾燥した肌に対して反応して皮脂の分泌が増えてきますが、それを抑えるために保湿をしっかり整えることによって脂っぽくなるのも防ぐことができますので、ケアすることが増えてきますが健やかな肌に戻る為に努力してみましょう。